2017年2月11日土曜日

CFTC投機筋ポジション-2017年02月07日分.Net 日本円:-55060, ユーロ:-44951, 英ポンド:-64539, 豪ドル:16748, スイスフラン:-14621, Gold:117149

CFTC投機筋ポジション-2017年02月07日分.Net 日本円:-55060, ユーロ:-44951, 英ポンド:-64539, 豪ドル:16748, スイスフラン:-14621, Gold:117149

統計データ概要

  1. 日本円のネットはショート、ネットショートポジション数は前週より減少。2016年11月29日以降、11週連続でネットショート。
  2. ユーロのネットはショート、ネットショートポジション数は前週より減少。2014年05月13日以降、144週連続でネットショート。
  3. 英ポンドのネットはショート、ネットショートポジションは前週より増加。2015年11月10日以降、66週連続でネットショート。
  4. 参考
    1. 日本銀行による追加緩和(金融緩和第2弾)は2014年10月31日。
    2. イギリスのEU離脱是非を問う国民投票は2016年06月23日。
    3. 日本銀行による「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」公表は2016年09月21日。
    4. OPEC(石油輸出国機構)は2016年09月28日、8年振りの石油生産量減産を決定。
    5. 日本時間2016年10月07日午前8時頃、GBP/USDが31年振りの安値更新。『The Telegraph』によると理由は次の3点。
      1. 誤発注(fat finger)。
      2. アルゴリズム。
      3. フランス大統領フランソワ・オランドの『イギリスとの交渉においてヨーロッパのリーダー達は断固とした姿勢を取るべきだ』との発言。
    6. 2016年11月03日、ロンドンの高等法院はイギリス政府によるリスボン条約第50条発動に際して議会承認が必要との判断を示す。
    7. 2016年11月08日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙。共和党候補のドナルド・トランプ氏が当選。
    8. 2016年11月17日、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」公表以降初めての固定利回り方式による国債買入。
    9. 2016年11月30日、OPEC(石油輸出国機構)は8年ぶりに減産(日量3,360万バレルから120万バレル減産)で合意。
    10. 2016年12月14日、FRB(米国連邦準備制度理事会)はFF金利の誘導目標を0.25PP引き上げ(0.50%-0.75%)。さらに2017年の利上げ回数(メンバー予測の中央値)は前回9月時点の2回から3回へと増加。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

Baker Hughes:North America Rig Count-Week over Week:2017-02-10:Total US RigCount-Oil:8 , Total US RigCount-Gas:4

Baker Hughes:North America Rig Count-Week over Week:2017-02-10:Total US RigCount-Oil:8 , Total US RigCount-Gas:4

統計データ概要

  1. オイルとガスの北米リグカウントはそれぞれ591と149。
  2. それぞれの前週差はオイルが+8、ガスが+4。
  3. オイルは2017年01月20日の週以降、4週連続で前週差プラス。
  4. ガスは2016年11月18日の週以降、13週連続で前週差プラス。
  5. 2011年2月4日分以降のピークはオイルが2014年10月10日の1609(直近はその約37%)、ガスが2011年10月14日の936(直近はその約16%)。
  6. オイル、ガスいずれも上記ピーク以降リグカウント長期傾向は減少トレンドにあり。
  7. 但しオイルは2016年5月27日分の316以降、増加傾向にあり。
  8. OPEC(石油輸出国機構)は2016年9月28日、8年振りの石油生産量減産を決定。
  9. 2016年11月30日、OPEC(石油輸出国機構)は8年ぶりに減産(日量3,360万バレルから120万バレル減産)で合意。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

2017年2月10日金曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #避難 #赤血球増加症 #多血症

THESIS TITLE

『Persistent prevalence of polycythemia among evacuees 4 years after the Great East Japan Earthquake: A follow-up study.』

BRIEF

  1. 本論文は「東日本大震災から4年後における避難者の間の赤血球増加症(多血症)の持続的な有病率」に関する論文です。
  2. 著者らは「著者らの先行研究において東日本大震災前の年次健康診断から平均1.6年後において(2011年-2012年)、避難者の生活習慣は非避難者と比較して赤血球増加症を有意に増加させていると報告」と背景を説明されて、
  3. 「前回のデータから平均2.5年後の赤血球増加症有病率(2013年-2014年)に長引く避難生活がどの様に影響しているかを分析」されています。
  4. 研究デザインとして、
    1. 「被験者は2008年以来年次健康診断を受検している福島第一原子力発電所近傍に住まう40歳から49歳の個人」、
    2. 「2011年-2012年及び2013年-2014年双方のフォローアップ検査を受検した7713人の個人について東日本大震災前後の赤血球増加症有病率とその決定要因(defining factors)である赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値の変化を比較」とし、
  5. その結果、
    1. 「2011年-2012年の赤血球数、ヘモグロビン濃度およびヘマトクリット値は男女ともに非避難者よりも避難者の方が高かった」、
    2. 「しかしながら2013年-2014年の全てのレベルは2011年-2012年のそれらよりも減少していた」、
    3. 「一方、避難者においてはヘモグロビン濃度とヘマトクリット値は男女共に東日本大震災前よりも高い状態が継続していた」、
    4. 「決定要因の一つが標準値を超えていた場合に診断される赤血球増加症増加性は避難者のほうが-肥満、喫煙および高血圧症の有無にかかわらず-非避難者よりも有意に高かった」等を報告されて、
  6. 「それ故、長引く避難は東日本大震災から3年-4年を経過してもなお赤血球増加症の原因となり、避難者の定期的な健康管理が重要である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Sakai A, Nakano H, Ohira T, Hosoya M, Yasumura S, Ohtsuru A, Satoh H, Kawasaki Y, Suzuki H, Takahashi A, Sugiura Y, Shishido H, Hayashi Y, Takahashi H, Kobashi G, Ozasa K, Hashimoto S, Ohto H, Abe M; Fukushima Health Management Survey Group.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28127528

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #Safecast #米国エネルギー省 #国家核安全保障局

THESIS TITLE

『Validating Safecast data by comparisons to a U. S. Department of Energy Fukushima Prefecture aerial survey.』

BRIEF

  1. 本論文は「米国エネルギー省による福島県における調査との比較によるSafecastの検証」に関する論文です。
  2. 著者らは「Safecastはクリエイティブ・コモンズ(CC0 license)の下で利用可能な、一般の人々によりハンドヘルドセンサーを利用して測定された放射線値を蓄積したボランタリー地理情報プロジェクトである」、「しかしながらセンサーキットは様々なレベルの技術的熟練度による手作業での組み立てであり、センサーが適切に配置されていない可能性を考慮するとSafecastデータの忠実性は不確かである」と背景を説明されて、
  3. 「Safecastのデータと米国エネルギー省及び国家核安全保障局により福島第一原子力発電所事故後直ぐに収集された正式なデータとを比較することにより検証」されています。
  4. その結果「2つのデータセットは高い相関を有しているが、米国エネルギー省と国家核安全保障局のデータは概ねSafecastの測定値より高い」と報告されて、
  5. 「この高い相関のみからSafecastは放射線検知および観測のための実行可能なデータソース(a viable data source)である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Coletti M, Hultquist C, Kennedy WG, Cervone G.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28167372

国内企業物価指数:2017年01月:企業物価指数(月次):[国内企業物価指数]総平均(前年比)(%):0.5

国内企業物価指数:2017年01月:企業物価指数(月次):[国内企業物価指数]総平均(前年比)(%):0.5

統計データ概要

  1. 企業物価指数(月次):[国内企業物価指数]総平均(前年比)(%):+0.5。2015年3月以来のプラス値。
  2. 企業物価指数(月次):[輸出物価指数/円ベース]総平均(前年比)(%):+0.8。2015年8月以来のプラス値。
  3. 企業物価指数(月次):[輸入物価指数/円ベース]総平均(前年比)(%):+4.5。2014年12月以来のプラス値。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

2017年2月9日木曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #走行サーベイ #東葛地域 #鹿島市 #空間線量率

THESIS TITLE

『Detailed Distribution Map of Absorbed Dose Rate in Air in Tokatsu Area of Chiba Prefecture, Japan, Constructed by Car-Borne Survey 4 Years after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident.』

BRIEF

  1. 本論文は「走行サーベイによる福島第一原子力発電所事故から4年後の千葉県東葛地域の空間線量率(空気吸収線量率)の詳細分布マップ」に関する論文です。
  2. 著者らは「千葉県の北西、東葛地域で走行サーベイを行い、福島第一原子力発電所事故から4年後の空間線量率の詳細分布マップを作成」されています。
  3. 研究デザインとして、
    1. 「千葉県で最も重度に放射性核種で汚染された地域であり、首都東京に隣接していることから東葛地域を選択」、
    2. 「測定は2015年6月にヨウ化ナトリウム(NaI(Tl))シンチレータスペクトロメータを利用して実施」、
    3. 「走行サーベイは6つの市街地を含む東葛地域全体をカバー」として、
  4. その結果、
    1. 「空間線量率の不均一な分布が線量分布マップ上で確認された」、
    2. 「特に1時間あたり80ナノグレイを超える高空間線量率が高間隙率なアスファルトを利用して施工された国道に沿って確認され、一方、低間隙率アスファルトを利用して施工された地方道では低空間線量率が確認された」、
    3. 「東葛地域の不均一な線量分布はそれらアスファルト仕樣の違いに起因していた」、
    4. 「東葛地域における福島第一原子力発電所事故から4年後の空間線量率への人口放射性核種の平均寄与率は29%(9%から50%)」、
    5. 「最高空間線量率は鹿島市で確認された1時間あたり201ナノグレイ」、
    6. 「鹿島市で収集した高間隙率アスファルトの表層上部1センチメートルに放射性セシウムは沈着しており、また空間線量率の環境半減期は1.7年と推定された」等を報告されています。

AUTHOR(S)

Inoue K, Arai M, Fujisawa M, Saito K, Fukushi M.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28129382

特定サービス産業動態売上高指数:対事業所サービス業(調査10業種),対個人サービス業(調査9業種)の指数推移:季節調整済指数:2016年12月:特定サービス産業動態統計調査(調査19業種)総合:111.2

特定サービス産業動態売上高指数:対事業所サービス業(調査10業種),対個人サービス業(調査9業種)の指数推移:季節調整済指数:2016年12月:特定サービス産業動態統計調査(調査19業種)総合:111.2

統計データ概要

  1. 2016年12月前月差(ポイント)
    1. 特定サービス産業動態統計調査(調査19業種)総合:+1.7
    2. 対事業所サービス業(調査10業種)総合:+1.2
    3. 対個人サービス業(調査9業種)総合:+1.9

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #避難 #肝機能障害

THESIS TITLE

『Effect of evacuation on liver function after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: The Fukushima Health Management Survey.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島第一原子力発電所事故後の避難とその肝機能への影響」に関する論文です。
  2. 著者らは「東日本大震災とそれに続く福島第一原子力発電所事故の結果、住民の日常生活は避難中心の生活へと姿を変えた」と背景を説明されて、
  3. 「肝機能への避難の影響を解明するため、同災害前後の肝機能を調査」されています。
  4. 研究デザインとして、
    1. 「福島第一原子力発電所近傍に住まう26,006人の男女に対する長期的調査」、
    2. 「2008年から2010年に行われた40歳から90歳を対象とした年次健康診断のデータを利用」、
    3. 「フォローアップ調査を2011年6月から2013年末迄実施し、平均フォローアップ期間は1.6年」、
    4. 「災害前後の肝機能の変化を避難者と非避難者で比較」、
    5. 「アルコール摂取状態でのグループ間比較も実施」され、
  5. その結果、
    1. 「全ての被験者において肝機能障害有病率は災害前の16.4%から災害後の19.2%へと有意な増加が見られた」、
    2. 「肝機能障害発生率は避難者のほうが非避難者よりも有意に高かった」、
    3. 「多変量ロジスティック回帰分析の結果は住民の間の肝機能障害と避難との有意な相関を示唆した」等を報告されて、
  6. 「福島第一原子力発電所事故に起因する避難と肝機能障害増加との相関を示した最初の研究である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Takahashi A, Ohira T, Hosoya M, Yasumura S, Nagai M, Ohira H, Hashimoto S, Satoh H, Sakai A, Ohtsuru A, Kawasaki Y, Suzuki H, Kobashi G, Ozasa K, Yamashita S, Kamiya K, Abe M; Fukushima Health Management Survey Group.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28142046

機械受注額:機種別機械受注額(原系列、億円):2016年12月:合計:26180.91

機械受注額:機種別機械受注額(原系列、億円):2016年12月:合計:26180.91

統計データ概要

  1. 機械受注額合計:2兆6181億円、前年同月比+10.7%。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #セシウム

THESIS TITLE

『Modeling watershed-scale 137Cs transport in a forested catchment affected by the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島第一原子力発電所事故の影響を受けた森林地帯の集水域(貯水池)における流域規模のセシウム137移行のモデル化」に関する論文です。
  2. 著者らは「2011年の福島第一原子力発電所事故により日本の東北地域の広範囲がセシウム137で汚染された」と背景を説明されて、
  3. 「流域規模のセシウム137移行モデルを開発し、福島地域の森林地帯の集水域に応用」されています。
  4. 研究デザインとして、
    1. 「本モデルは植物からの洗脱、土壌を通した移動そして溶存態及び粘土、シルト及び砂に吸着された粒子状セシウムを考慮に入れている」とし、
  5. その結果、
    1. 「測定値とシミュレーション値との比較の結果、本モデルが集水域からの流水中のセシウム137濃度を良く再現することを示した」、
    2. 「0.57テラベクレルのセシウム137が2011年6月から2014年12月にかけて集水域から移行した事をシミュレーションは示した」、
    3. 「移行は主に浸食堆積粒子の粘土、シルト及び砂それぞれ17:70:13の比で生じていた」、
    4. 「降雨流出洗脱による全体のセシウム137減少率はおよそ1.6%」、
    5. 「2014年末時点では相当量のセシウム137が集水域に残留していた」、
    6. 「洗脱によるセシウム137最大減少率は上流集水域の流域で生じるとシミュレートされた」、
    7. 「しかしながら比較的少ない初期沈着にかかわらず、流域の中間部は降雨流出プロセスにより比例的に多くのセシウム137を移行させた」、
    8. 「シミュレーション結果は移行セシウム137の多くは丘の中腹と河岸の浸食由来であることを示唆した」等を報告されて、
  6. 「得られた結果は除染の対象を再沈殿堆積物と共にセシウム137が蓄積した地域とすることが可能であることを示唆しており、リスクマネジメントと除染計画を評価するための流域規模でのセシウム137移行に関する洞察を与える」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Wei L, Kinouchi T, Yoshimura K, Velleux ML.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28161316

日本のマネーストックと信用乗数:2017年01月:マネーストック(月次):M2/平残前年比/マネーストック(2004年3月以前はマネーサプライ)(%):4.1

日本のマネーストックと信用乗数:2017年01月:マネーストック(月次):M2/平残前年比/マネーストック(2004年3月以前はマネーサプライ)(%):4.1

統計データ概要

  1. マネーストック(M2)前年比: +4.1%
  2. マネーストック(M3)前年比: +3.5%
  3. マネーストック(広義流動性)前年比: +2.2%
  4. 信用乗数(M2/MB):2.21、前月(2.25)より低下。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

2017年2月8日水曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #セシウム #再分布 #マンニィ #ウィパー #ロウキー

THESIS TITLE

『Characteristics of radio-cesium transport and discharge between different basins near to the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant after heavy rainfall events.』

BRIEF

  1. 本論文は「豪雨後の福島第一原子力発電所近辺の異なる流域間の放射性セシウム移行と流出の特性」に関する論文です。
  2. 著者らは 「水流と堆積物移行による放射性セシウム再分布を理解するために、福島第一原子力発電所周辺の集水域の流域モデルを詳述」されています。
  3. 研究デザインとして、
    1. 「堆積物吸着態および溶存態の双方の放射性セシウム移行を算出するために先行して開発した集水域の3次元水文地質学的モデルを拡張」、
    2. 「今回のシミュレーションは9回の豪雨を含む2013年全体と2011年9月の台風ロウキーをカバー」、
    3. 「台風マンニィとウィパーは2013年の最強台風であり放射性セシウム再分布への最大の影響要因」とされ、
  4. その結果、
    1. 「シミュレートした2013年の9回の豪雨を通したセシウム137流出量はモニタリング値と矛盾がなかった」、
    2. 「沈着は主として下流域の氾濫原と河床が拡大する地点そして河川に沿ったダム貯水池内で発生した」、
    3. 「5つの流域間のセシウム137流出率の差は流域内の初期放射性降下物分布、ダム貯水池の有無そして水流への流入の差で説明できた」等を報告されて、
  5. 「今回のシミュレーション結果を改善計画を支援するための今後の放射性物質分布評価に応用することが可能である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Sakuma K, Kitamura A, Malins A, Kurikami H, Machida M, Mori K, Tada K, Kobayashi T, Tawara Y, Tosaka H.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28161603

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #主観的幸福 #除染

THESIS TITLE

『Decontamination Reduces Radiation Anxiety and Improves Subjective Well-Being after the Fukushima Accident.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島第一原子力発電所事故後の放射線不安低減及び主観的幸福向上と除染との関連」に関する論文です。
  2. 著者らは「2011年の福島第一原子力発電所事故以来、不安から保護し幸福感を向上させるための社会の再構築の重要性が高まっている」と背景を説明され、
  3. 「住民の不安を減じ主観的幸福を向上させるために丸森町によって行われた放射線関連対策の効果を評価するため、質問調査を宮城県伊具郡丸森町の住民に実施」、
  4. 「加えて主観的幸福向上のための町の計画に関する効果的対策提案のため、住民の町への愛着感と主観的幸福との相関を分析し住民の町への愛着感の背景にある主因を特定」されています。
  5. 「福島第一原子力発電所の北西約50キロメートルに位置する丸森町は、限られた調査と専門家の医療的サポートそして町により軽減努力が最初に開始されているため、不安に対応するために町が採用した対策の効果を評価するのに適した地域である」としてその結果、
    1. 「得られた結果から除染評価と住民の主観的幸福向上に寄与する事故後の不安低減との相関が示唆された」、
    2. 「一方、コミュニティにおける人的交流と自然環境に関連する項目の評価は住民の主観的幸福向上に寄与する町への愛着感の主因であることが確認された」等を報告されて、
  6. 「不安低減に関する放射線関連対策効果を定量的に評価した、そして主観的幸福向上のための効果的な政策を提案した初めての研究である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Murakami M, Harada S, Oki T.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28163296

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #預託実効線量 #緊急作業員 #ヨウ素 #セシウム

THESIS TITLE

『Tertiary Evaluation of the Committed Effective Dose of Emergency Workers That Responded to the Fukushima Daiichi NPP Accident.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島第一原子力発電所事故に対応した緊急作業員の預託実効線量の三次評価」に関する論文です。
  2. 著者は「福島第一原子力発電所事故に対応した9人の緊急作業員の預託実効線量が標準評価手法とは別の2013年7月に行われた二次評価で厚生労働省により構築された方法により評価された事を東京電力は2014年1月に確認した」と背景を説明され、
  3. 「厚生労働省は2011年3月及び4月に緊急作業に従事した(2013年の二次評価で既に再調査された作業者を除く)6245人の作業者全ての預託実効線量の再調査を東京電力と事業主体に依頼した」、
  4. 「この三次評価により作業者1536人の預託実効線量と以前の評価による預託実効線量では0.1ミリシーベルト以上の差異のあることが確認された」、
  5. 「厚生労働省は1ミリシーベルト以上の見直しが求められる預託実効線量が2ミリシーベルト以上となった作業員142人の預託実効線量見直しを東京電力と事業主体に求めた」、
  6. 「平均預託実効線量改訂は5.86ミリシーベルト」、
  7. 「改訂預託実効線量は2.17ミリシーベルトから180.10ミリシーベルトの範囲にあった」、
  8. 「加えて預託実効線量が100ミリシーベルトを超えた作業員数は1人増加した」等を報告されて、
  9. 三次評価における新たな課題として、
    1. 「ヨウ化ナトリウムシンチレータを使用するホールボディカウンターによる預託実効線量値をゲルマニウム半導体検出器を使用するホールボディカウンターによる預託実効線量値へ変換するための較正係数の設定」、
    2. 「ヨウ化ナトリウムシンチレータを使用するホールボディカウンターによりヨウ素131不検出であったケースそしてセシウム137は不検出であったがセシウム134は検出されたケースにおける推定手法」、
    3. 「甲状腺のヨウ素131吸収を阻害するための安定ヨウ素(ヨウ化カリウム)錠剤の効果」、
    4. 「免震棟での待機期間の追加線量の測定における複雑化要因」等を挙げ、
  10. 「作業員の線量評価において統一されていない預託実効線量評価手法が今後利用されることを避けるために厚生労働省は2014年3月25日、東京電力と事業主体に行政指導を行った」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Yasui S.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28165926

2017年2月7日火曜日

株式月間売買高・売買代金:2017年01月:一部・1日平均売買高(億株):21.25206 , 一部・1日平均売買代金高(兆円):2.631057

株式月間売買高・売買代金:2017年01月:一部・1日平均売買高(億株):21.25206 , 一部・1日平均売買代金高(兆円):2.631057

統計データ概要

  1. 2017年1月の、
    1. 一部・1日平均売買高(億株): 21.25206
    2. 一部・1日平均売買代金高(兆円): 2.631057
    3. 一部・1日平均売買高(億株)前月比(%): -14.9
    4. 一部・1日平均売買代金高(兆円)前月比(%): -10.8
    5. 一部・1日平均売買高(億株)前年同月比(%): -21.8
    6. 一部・1日平均売買代金高(兆円)前年同月比(%): -11.2

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート