2017年8月2日水曜日

消費動向調査:消費者態度指数(二人以上の世帯,季節調整値):前月差:2017年07月:消費者態度指数:0.5 , 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-暮らし向き:1.2 , 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-収入の増え方:0.1 , 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境:0 , 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-耐久消費財の買い時判断:1 , その他の消費者意識指標-資産価値:1.8

Summary

  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07における最小値は16.5
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07における第1四分位数は37.7
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07における中央値は45.25
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07における平均値は42.46875
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07における第3四分位数は48.1
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07における最大値は54.8
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07におけるトリムド平均値は43.41
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07におけるウィンザライズド平均値は42.94
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の2004-04から2017-07におけるミッドレンジは35.65
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の平均値が最も高い政権は安倍晋三(1)政権の50.17
  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境の平均値が最も低い政権は麻生太郎政権の24.77


内閣総理大臣毎の基本統計量

  • 消費者態度指数を構成する消費者意識指標-雇用環境
Name Min. 1st Qu. Median Mean 3rd Qu. Max. Period
安倍晋三(1) 45.4 47.57 50.95 50.17 52.78 53.4 2006年10月~2007年09月
福田康夫 27 30.65 36.85 36.18 41.5 44.8 2007年10月~2008年09月
麻生太郎 16.5 19.3 23.5 24.77 30.05 35.2 2008年10月~2009年09月
鳩山由紀夫 33.8 35.5 36 36.56 38.1 38.9 2009年10月~2010年06月
菅直人 27.4 31.45 37.2 35.22 39 40.1 2010年07月~2011年09月
野田佳彦 35.3 37.35 37.7 37.49 38.1 38.9 2011年10月~2012年12月
安倍晋三(2,3) 42.1 45.05 46.4 46.34 47.6 52.2 2013年01月~2017年07月

データテーブル・チャート

Link : データテーブル・チャート