2017年2月10日金曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #Safecast #米国エネルギー省 #国家核安全保障局

THESIS TITLE

『Validating Safecast data by comparisons to a U. S. Department of Energy Fukushima Prefecture aerial survey.』

BRIEF

  1. 本論文は「米国エネルギー省による福島県における調査との比較によるSafecastの検証」に関する論文です。
  2. 著者らは「Safecastはクリエイティブ・コモンズ(CC0 license)の下で利用可能な、一般の人々によりハンドヘルドセンサーを利用して測定された放射線値を蓄積したボランタリー地理情報プロジェクトである」、「しかしながらセンサーキットは様々なレベルの技術的熟練度による手作業での組み立てであり、センサーが適切に配置されていない可能性を考慮するとSafecastデータの忠実性は不確かである」と背景を説明されて、
  3. 「Safecastのデータと米国エネルギー省及び国家核安全保障局により福島第一原子力発電所事故後直ぐに収集された正式なデータとを比較することにより検証」されています。
  4. その結果「2つのデータセットは高い相関を有しているが、米国エネルギー省と国家核安全保障局のデータは概ねSafecastの測定値より高い」と報告されて、
  5. 「この高い相関のみからSafecastは放射線検知および観測のための実行可能なデータソース(a viable data source)である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Coletti M, Hultquist C, Kennedy WG, Cervone G.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28167372