2017年2月9日木曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #セシウム

THESIS TITLE

『Modeling watershed-scale 137Cs transport in a forested catchment affected by the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島第一原子力発電所事故の影響を受けた森林地帯の集水域(貯水池)における流域規模のセシウム137移行のモデル化」に関する論文です。
  2. 著者らは「2011年の福島第一原子力発電所事故により日本の東北地域の広範囲がセシウム137で汚染された」と背景を説明されて、
  3. 「流域規模のセシウム137移行モデルを開発し、福島地域の森林地帯の集水域に応用」されています。
  4. 研究デザインとして、
    1. 「本モデルは植物からの洗脱、土壌を通した移動そして溶存態及び粘土、シルト及び砂に吸着された粒子状セシウムを考慮に入れている」とし、
  5. その結果、
    1. 「測定値とシミュレーション値との比較の結果、本モデルが集水域からの流水中のセシウム137濃度を良く再現することを示した」、
    2. 「0.57テラベクレルのセシウム137が2011年6月から2014年12月にかけて集水域から移行した事をシミュレーションは示した」、
    3. 「移行は主に浸食堆積粒子の粘土、シルト及び砂それぞれ17:70:13の比で生じていた」、
    4. 「降雨流出洗脱による全体のセシウム137減少率はおよそ1.6%」、
    5. 「2014年末時点では相当量のセシウム137が集水域に残留していた」、
    6. 「洗脱によるセシウム137最大減少率は上流集水域の流域で生じるとシミュレートされた」、
    7. 「しかしながら比較的少ない初期沈着にかかわらず、流域の中間部は降雨流出プロセスにより比例的に多くのセシウム137を移行させた」、
    8. 「シミュレーション結果は移行セシウム137の多くは丘の中腹と河岸の浸食由来であることを示唆した」等を報告されて、
  6. 「得られた結果は除染の対象を再沈殿堆積物と共にセシウム137が蓄積した地域とすることが可能であることを示唆しており、リスクマネジメントと除染計画を評価するための流域規模でのセシウム137移行に関する洞察を与える」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Wei L, Kinouchi T, Yoshimura K, Velleux ML.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28161316