2017年2月8日水曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #セシウム #再分布 #マンニィ #ウィパー #ロウキー

THESIS TITLE

『Characteristics of radio-cesium transport and discharge between different basins near to the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant after heavy rainfall events.』

BRIEF

  1. 本論文は「豪雨後の福島第一原子力発電所近辺の異なる流域間の放射性セシウム移行と流出の特性」に関する論文です。
  2. 著者らは 「水流と堆積物移行による放射性セシウム再分布を理解するために、福島第一原子力発電所周辺の集水域の流域モデルを詳述」されています。
  3. 研究デザインとして、
    1. 「堆積物吸着態および溶存態の双方の放射性セシウム移行を算出するために先行して開発した集水域の3次元水文地質学的モデルを拡張」、
    2. 「今回のシミュレーションは9回の豪雨を含む2013年全体と2011年9月の台風ロウキーをカバー」、
    3. 「台風マンニィとウィパーは2013年の最強台風であり放射性セシウム再分布への最大の影響要因」とされ、
  4. その結果、
    1. 「シミュレートした2013年の9回の豪雨を通したセシウム137流出量はモニタリング値と矛盾がなかった」、
    2. 「沈着は主として下流域の氾濫原と河床が拡大する地点そして河川に沿ったダム貯水池内で発生した」、
    3. 「5つの流域間のセシウム137流出率の差は流域内の初期放射性降下物分布、ダム貯水池の有無そして水流への流入の差で説明できた」等を報告されて、
  5. 「今回のシミュレーション結果を改善計画を支援するための今後の放射性物質分布評価に応用することが可能である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Sakuma K, Kitamura A, Malins A, Kurikami H, Machida M, Mori K, Tada K, Kobayashi T, Tawara Y, Tosaka H.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28161603