2016年11月19日土曜日

Donald Trump’s Contract with the American Voter の直訳(対象:ページ1)

Donald Trump’s Contract with the American Voter の直訳(対象:ページ1)

2016年11月08日に行われましたアメリカ合衆国大統領選挙の結果、次期大統領(president-elect)はドナルド・トランプ氏に決まりました。以来、国債市場には日々大きな変化が生じておりますが、ここで改めてドナルド・トランプ氏の公約を確認してみましょう。

  • 2ページに渡る公約のうち、1ページ目に記されております「就任初日から即座に取り組む」としている6つの手段と12の行動の直訳です。
  • 原文は以下のリンクを確認して下さい。

原文へのリンク
Donald Trump’s Contract with the American Voter :

https://assets.donaldjtrump.com/_landings/contract/O-TRU-102316-Contractv02.pdf


  • アメリカを再び偉大な国とするための私の100日間アクションプランは以下の通りです。
  • これは私自身とアメリカの有権者との契約(contract)であり、誠実さと説明責任を取り戻しワシントンに変化をもたらします。
  • 就任初日に直ぐ私の政権は以下の事柄に取り組みます。

  • ワシントンD.Cの腐敗と利益誘導癒着を一掃する6つの手段:
    1. 議会の全議員に任期の制限を課す憲法修正案の提案。
    2. 自然減を通じて連邦政府職員(軍、公安および公衆衛生を除く)の人員を削減するための雇用凍結。
    3. 全ての新たな連邦規制毎に必須要件として現存する2つの規制を廃止。
    4. ホワイトハウスと議会の当局者は政府用役を離れた後にロビイストになることを5年間禁止。
    5. ホワイトハウスの当局者が外国政府のためのロビイストになることを生涯禁止。
    6. 外国のロビイストによるアメリカの選挙のための資金調達を全面禁止。
  • アメリカの労働者を保護するための7つの行動:
    1. NAFTAの再交渉または2205条(Article 2205)の下での交渉からの撤退への私の意志を公表。
    2. TPPからの撤退を公表。
    3. 中国を為替操作国として認定するよう財務長官に指示。
    4. アメリカの労働者に不当に影響している全ての不正外国取引の特定を商務長官と米国通商代表部に命じ、アメリカのそして国際的な法の下それら不正を即座に終わらせるために全ての手段を講じるよう命じる。
    5. 雇用を創出し50兆ドルの価値に相当するアメリカのエネルギー資源(シェール、石油、天然ガスおよび精炭等)の生産制限を解除。
    6. オバマ-クリントンによる障害を撤廃し例えばキーストーン・パイプラインのような重要なインフラプロジェクトを許可し前進させる。
    7. 国連気候変動プログラムへの数十億の拠出を中止し、それを財源としてアメリカの水および環境インフラを修復する。
  • 安全と法の支配を回復するための5つの行動
    1. オバマ大統領が発行した全ての違憲行為、基本合意書および命令を中止。
    2. 私のリストにある20人からスカリア判事の後任としてアメリカ合衆国憲法を支持し守る者を選ぶ作業に取り掛かる 。
    3. サンクチュアリ・シティ(聖域都市)への全ての連邦政府補助金を中止。
    4. 200万人を超える不法移民をアメリカから排除し 不法移民を連れ戻さない外国にはビザを中止。
    5. 審査が支障なく行われないテロの傾向にある地域からの移民を一時中断する。アメリカに入国する人々の全ての審査は”徹底的な審査”と見なされる。

CFTC Speculative Positions / IMM・CFTC投機筋ポジション-2016年11月15日分

CFTC Speculative Positions / IMM・CFTC投機筋ポジション-2016年11月15日分

統計データ概要

  1. 日本円のネットはロング、ネットロングポジション数は前週より減少。
  2. ユーロのネットはショート、ネットショートポジション数は前週より減少。
  3. 英ポンドのネットはショート、ネットショートポジションは前週より減少。
  4. 参考
    1. 日本銀行による追加緩和(金融緩和第2弾)は2014年10月31日。
    2. イギリスのEU離脱是非を問う国民投票は2016年06月23日。
    3. 日本銀行による「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」公表は2016年09月21日。
    4. OPEC(石油輸出国機構)は2016年09月28日、8年振りの石油生産量減産を決定。
    5. 日本時間2016年10月07日午前8時頃、GBP/USDが31年振りの安値更新。『The Telegraph』によると理由は次の3点。
      1. 誤発注(fat finger)。
      2. アルゴリズム。
      3. フランス大統領フランソワ・オランドの『イギリスとの交渉においてヨーロッパのリーダー達は断固とした姿勢を取るべきだ』との発言。
    6. 2016年11月03日、ロンドンの高等法院はイギリス政府によるリスボン条約第50条発動に際して議会承認が必要との判断を示す。
    7. 2016年11月08日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙。共和党候補のドナルド・トランプ氏が当選。
    8. 2016年11月17日、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」公表以降初めての固定利回り方式による国債買入。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

Baker Hughes:North America Rig Count Oil ans Gas / 北米リグカウント 石油とガス - 2016年11月18日

Baker Hughes:North America Rig Count Oil ans Gas / 北米リグカウント 石油とガス - 2016年11月18日

統計データ概要

  1. 2016年11月18日分のオイルとガスの北米リグカウントはそれぞれ471と116。
  2. それぞれの前週差はオイルが+19、ガスが+1。
  3. オイルは3週連続の前週差プラス。
  4. ガスは2週ぶりの前週差プラス。
  5. 2011年2月4日分以降のピークはオイルが2014年10月10日の1609(直近はその約29%)、ガスが2011年10月14日の936(直近はその約12%)。
  6. オイル、ガスいずれも上記ピーク以降リグカウント長期傾向は減少トレンドにあり。
  7. 但しオイルは2016年5月27日分の316以降、増加傾向にあり。
  8. OPEC(石油輸出国機構)は2016年9月28日、8年振りの石油生産量減産を決定。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

2016年11月17日木曜日

特定サービス産業動態売上高指数-対事業所サービス業(調査10業種),対個人サービス業(調査9業種)の指数推移-季節調整済指数 2016年9月分

特定サービス産業動態売上高指数-対事業所サービス業(調査10業種),対個人サービス業(調査9業種)の指数推移-季節調整済指数 2016年9月分

統計データ概要

  1. 2016年9月分の特定サービス産業動態売上高指数(季節調整値)について、
    1. 特定サービス産業動態統計調査(調査19業種)総合:前月差+0.4ポイント
    2. 対事業所サービス業(調査10業種)総合:前月差-0.7ポイント
    3. 対個人サービス業(調査9業種)総合:前月差-0.4ポイント

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース) - 2005.1.2~ 1.8 ~ 2016.11.6~11.12

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース) - 2005.1.2~ 1.8 ~ 2016.11.6~11.12

統計データ概要

  1. 2016.11.6~11.12の対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)について、
    1. 対内証券投資-株式・投資ファンド持分-ネット:5458億円の取得超。
    2. 対内証券投資-中長期債-ネット:4219億円の取得超。
    3. 対内証券投資-合計-ネット:1兆7634億円の取得超。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

貸出先別貸出金 - 2016年7-9月期

貸出先別貸出金 - 2016年7-9月期

統計データ概要

  1. 2016年7-9月期の国内銀行3勘定合算の貸出金残高について(四半期データ)、
    1. 不動産業への貸出金残高は69兆6698億円。1970年1-3月期以来の最高額。
    2. 個人による賃家業への貸出金残高は22兆224億円。2009年4-6月期以来の最高額。
    3. チャート上、民主党政権から第二次安倍政権への政権交代後の不動産業貸出金残高の伸びが目立つ。
    4. 第二次安倍政権発足以降を除いた不動産業への貸出金残高最高額は1999年4-6月期の65兆6736億円。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

2016年11月17日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移

2016年11月17日公表分 米国エネルギー省 週間石油在庫統計とWTIクッシング原油価格の時系列推移


Weekly U.S. Ending Stocks excluding SPR of Crude Oil (Thousand Barrels)
戦略石油備蓄を除いた週間米国原油在庫量(1000バレル)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 480166 -559
2016-09-16 473966 -6200
2016-09-23 472084 -1882
2016-09-30 469108 -2976
2016-10-07 473958 4850
2016-10-14 468711 -5247
2016-10-21 468158 -553
2016-10-28 482578 14420
2016-11-04 485010 2432
2016-11-11 490284 5274

Weekly Cushing, OK Ending Stocks excluding SPR of Crude Oil (Thousand Barrels)
戦略石油備蓄を除いたオクラホマ州クッシングの週間米国原油在庫量(1000バレル)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 62188 -1245
2016-09-16 62714 526
2016-09-23 62083 -631
2016-09-30 62652 569
2016-10-07 61334 -1318
2016-10-14 59699 -1635
2016-10-21 58362 -1337
2016-10-28 58451 89
2016-11-04 58479 28
2016-11-11 59170 691

Weekly U.S. Ending Stocks of Total Gasoline (Thousand Barrels)
週間米国ガソリン在庫量(1000バレル)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 228360 567
2016-09-16 225156 -3204
2016-09-23 227183 2027
2016-09-30 227405 222
2016-10-07 225498 -1907
2016-10-14 227967 2469
2016-10-21 226011 -1956
2016-10-28 223804 -2207
2016-11-04 220963 -2841
2016-11-11 221709 746

Weekly U.S. Ending Stocks of Distillate Fuel Oil (Thousand Barrels)
週間米国留出油在庫量(1000バレル)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 162754 4619
2016-09-16 164992 2238
2016-09-23 163077 -1915
2016-09-30 160718 -2359
2016-10-07 156972 -3746
2016-10-14 155732 -1240
2016-10-21 152378 -3354
2016-10-28 150550 -1828
2016-11-04 148602 -1948
2016-11-11 148912 310

Weekly U.S. Ending Stocks of Propane and Propylene (Thousand Barrels)
週間米国プラパンおよびプロピレン在庫量(1000バレル)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 101090 1963
2016-09-16 101749 659
2016-09-23 103264 1515
2016-09-30 104000 736
2016-10-07 103928 -72
2016-10-14 102682 -1246
2016-10-21 100567 -2115
2016-10-28 100913 346
2016-11-04 99600 -1313
2016-11-11 100827 1227

Weekly U.S. Refiner Net Input of Crude Oil (Thousand Barrels per Day)
週間米国製油所原油処理量(1000バレル/日)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 16730 -200
2016-09-16 16587 -143
2016-09-23 16334 -253
2016-09-30 16032 -302
2016-10-07 15552 -480
2016-10-14 15370 -182
2016-10-21 15552 182
2016-10-28 15448 -104
2016-11-04 15817 369
2016-11-11 16126 309

Weekly U.S. Percent Utilization of Refinery Operable Capacity (Percent)
週間米国製油所稼働率(%)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 92.9 -0.8
2016-09-16 92.0 -0.9
2016-09-23 90.1 -1.9
2016-09-30 88.3 -1.8
2016-10-07 85.5 -2.8
2016-10-14 85.0 -0.5
2016-10-21 85.6 0.6
2016-10-28 85.2 -0.4
2016-11-04 87.1 1.9
2016-11-11 89.2 2.1

Weekly U.S. Imports of Crude Oil (Thousand Barrels per Day)
週間米国原油輸入量(1000バレル/日)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 8062 993
2016-09-16 8309 247
2016-09-23 7835 -474
2016-09-30 7710 -125
2016-10-07 7861 151
2016-10-14 6907 -954
2016-10-21 7016 109
2016-10-28 8995 1979
2016-11-04 7442 -1553
2016-11-11 8423 981

Weekly U.S. Imports of Total Gasoline (Thousand Barrels per Day)
週間米国ガソリン輸入量(1000バレル/日)

Date Figure Changes from last week
2016-09-09 650 43
2016-09-16 569 -81
2016-09-23 778 209
2016-09-30 1003 225
2016-10-07 762 -241
2016-10-14 871 109
2016-10-21 834 -37
2016-10-28 458 -376
2016-11-04 500 42
2016-11-11 821 321

2016年11月15日火曜日

CFTC Speculative Positions / IMM・CFTC投機筋ポジション-2016年11月08日分

CFTC Speculative Positions / IMM・CFTC投機筋ポジション-2016年11月08日分

統計データ概要

  1. 日本円のネットはロング、ネットロングポジション数は前週より減少。
  2. ユーロのネットはショート、ネットショートポジション数は前週より減少。
  3. 英ポンドのネットはショート、ネットショートポジションは前週より増加。
  4. 参考
    1. 日本銀行による追加緩和(金融緩和第2弾)は2014年10月31日。
    2. イギリスのEU離脱是非を問う国民投票は2016年06月23日。
    3. 日本銀行による「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」公表は2016年09月21日。
    4. OPEC(石油輸出国機構)は2016年09月28日、8年振りの石油生産量減産を決定。
    5. 日本時間2016年10月07日午前8時頃、GBP/USDが31年振りの安値更新。『The Telegraph』によると理由は次の3点。
      1. 誤発注(fat finger)。
      2. アルゴリズム。
      3. フランス大統領フランソワ・オランドの『イギリスとの交渉においてヨーロッパのリーダー達は断固とした姿勢を取るべきだ』との発言。
    6. 2016年11月03日、ロンドンの高等法院はイギリス政府によるリスボン条約第50条発動に際して議会承認が必要との判断を示す。
    7. 2016年11月08日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙。共和党候補のドナルド・トランプ氏が当選。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

内閣支持率と政党支持率(月例、自民党、民進党(民主党)、支持なし)の時系列推移 - 対象:1998年04月~2016年11月

内閣支持率と政党支持率(月例、自民党、民進党(民主党)、支持なし)の時系列推移 - 対象:1998年04月~2016年11月

統計データ概要

  1. 2016年11月分の内閣支持率、政党支持率について、
    1. 内閣支持率は55%、前月より上昇。
    2. 自民党支持率は38.8%、前月より上昇。
    3. 民進党支持率との差は29.5pp、前月より拡大。
    4. 自民党支持率(38.8%)は支持なし(35.7%)を二ヶ月ぶりに上回った。
    5. 内閣支持率と政党支持率(自民党支持率)の合計は93.8%。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

2016年11月14日月曜日

日本銀行が保有する国債の銘柄別残高(2016年11月10日現在)

日本銀行が保有する国債の銘柄別残高(2016年11月10日現在)

統計データ概要

  1. 2016年11月10日現在の日本銀行保有日本国債について、
    1. 合計:342兆円。
    2. 10年もの:124兆円。構成比は36%で最大構成比。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

日本国債のイールドカーブとその時系列推移 - 2016年11月14日

日本国債のイールドカーブとその時系列推移 - 2016年11月14日

統計データ概要

  1. 2016年11月11日の日本国債利回りは、
    1. 05年もの:-0.174%。
    2. 10年もの:-0.027%。
    3. 40年もの:+0.608%。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

日本の国内総生産(単位:兆円)-名目GDP、実質GDP、年率換算、GDPデフレーター 2016年07月~2016年09月

日本の国内総生産(単位:兆円)-名目GDP、実質GDP、年率換算、GDPデフレーター 2016年07月~2016年09月

統計データ概要

  1. 2016年07月~2016年09月の国内総生産(速報)について、
    1. 名目季節調整GDPは506兆円。
    2. 実質季節調整GDPは534兆円。
    3. 年率換算の名目季節調整系列(前期比)は+0.8%。
    4. 年率換算の実質季節調整系列(前期比)は+2.2%。
    5. 名目季節調整系列中、民間最終消費支出の構成比は58%。
    6. 実質季節調整系列中、民間最終消費支出の構成比は58%。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート

営業毎旬報告(11月10日現在) :日本銀行 Bank of Japan

営業毎旬報告(11月10日現在) :日本銀行 Bank of Japan

統計データ概要

  1. 2016年11月10日現在の日本銀行営業毎旬報告について、
    1. 国債保有額は405兆円、資産中構成比は87%。
    2. 当座預金は315兆円、負債中構成比は68%。
    3. 資産(負債および純資産)は465兆円。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート