2016年10月18日火曜日

学術論文の紹介 #いわき市 #福島第一原子力発電所 #セシウム #ヨウ素 #スギ

THESIS TITLE

『Carbon, cesium and iodine isotopes in Japanese cedar leaves from Iwaki, Fukushima.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島県いわき市のスギの葉の炭素、セシウムそしてヨウ素同位体」に関する論文です。
  2. 著者らは「2011年福島第一原子力発電所事故前後の福島県いわき市のスギの葉の炭素、セシウムそしてヨウ素同位体成分を調査」され、
  3. 「Δ14C値は葉が採集/落葉した年そして過年度の環境大気中炭素14濃度を反映する」、
  4. 「ヨウ素129とセシウム134、セシウム137濃度の上昇は放射性降下物前に伸長した葉への放射性降下物の直接被爆と樹木の古い部分からの放射降下物後に伸長した葉への転流に起因している」、
  5. 「転流における無視できる同位体と元素変動(元素分別)をセシウム134/セシウム137とヨウ素129/セシウム137放射能比は示唆している」、
  6. 「しかしながら放射性ヨウ素と放射性セシウムの間の分別はソースからの移行において有意であった」等を報告されています。

AUTHOR(S)

Xu S, Cook GT, Cresswell AJ, Dunbar E, Freeman SP, Hou X, Kinch H, Naysmith P, Sanderson DW, Zhang L.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27746518