2016年10月7日金曜日

学術論文の紹介 #人間の寿命

THESIS TITLE

『Evidence for a limit to human lifespan.』

BRIEF

  1. 本論文は「人間の寿命の限界」に関する論文です。
  2. 著者らは背景を、
    1. 「科学的進歩により人間の平均余命は19世紀以降大きく延びている」、
    2. 「人口動態的根拠は段階的に人間の長寿を延長することになる高齢死亡率低下の進行と死亡時年齢の上昇を示している」、
    3. 「様々な動物種の寿命は順応的であり、遺伝子操作や薬剤介入により延長している観察結果から、長寿は厳密で種特異の制約の影響下にはない可能性をそれら結果は示唆している」と説明され、
  3. 「生存率の向上が100歳以降は低下する傾向そして世界最高齢者死亡時年齢は1990年代から上昇していない事を世界的な人口動態データの分析結果により本論文で示す」とし、
  4. 「人間の寿命には限界があり自然の制約を受けることを今回の結果は強く示唆する」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Dong X, Milholland B, Vijg J.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27706136