2016年10月4日火曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #セシウム

THESIS TITLE

『Quantifying the dilution of the radiocesium contamination in Fukushima coastal river sediment (2011-2015).』

BRIEF

  1. 本論文は「2011年から2015年における福島沿岸河川堆積物の放射性セシウム汚染希釈の定量化」に関する論文です。
  2. 著者らは「福島第一原子力発電所事故に起因する放射性降下物は3000平米キロメートルの放射性プルームとなった」と背景を説明されて、
  3. 「土壌浄化のタイミングが異なる2つの近接する貯水池から、327の堆積物サンプルについて放射性セシウム汚染の進行性希釈をモデル化」されています。
  4. その結果、
    1. 「全体的に2012年と2015年の間では海岸平野を通過する堆積物への上流汚染土壌の寄与は~90%の減少を示した(2012年:寄与の中央値は73%、平均絶対偏差は27%、2015年:寄与の中央値は9%、平均絶対偏差は6%)」、
    2. 「台風発生と新田川の様々な支流での浄化の進行は局地汚染の一時的上昇を引き起こした」等を報告されて、
  5. 「しかしながら2015年11月の海岸平野堆積物への上流汚染土壌のはるかに低い寄与は、容易に浸食される汚染物質のソースが浄化、底土による希釈または浸食後の太平洋移行により除去されている可能性がある事を示唆している」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Evrard O, Laceby JP, Onda Y, Wakiyama Y, Jaegler H, Lefèvre I.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27694832