2016年10月16日日曜日

待機児童数の時系列推移

待機児童数の時系列推移

統計データ概要

  1. 2016年4月1日時点の待機児童数は23,553人。前年より386人増加。
  2. 民主党政権時は2009年09月16日から2012年12月26日としています。
  3. 民主党への政権交代後初めての待機児童数公表分は2010年4月1日分(政権交代から7ヶ月弱)の26,275人。前年より891人増加(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000nvsj.html)。
  4. 民主党政権における最後の公表分は2012年4月1日分の24,825人(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002khid.html)。前記2010年4月1日分との差は1,450人減少。
  5. その後第二次安倍政権発足以降、2年連続で待機児童数減少。
  6. 第二次安倍政権発足以降の最初の公表は2013年4月1日分(政権交代から3ヶ月強)の22,741人。前年より2,084人減少(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000022684.html)。
  7. 2015年4月1日以降は2年連続で増加。
  8. 但し直近平成28年9月2日公表分に記されている定義変更
    昨年度の調査から、従来の保育所に加え、平成27年4月に施行した子ども・子育て支援新制度において新たに位置づけられた幼保連携型認定こども園等の特定教育・保育施設と特定地域型保育事業(うち2号・3号認定)の数値を含みます。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート