2016年9月22日木曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #ベイズ推定

THESIS TITLE

『The importance of early investigation and publishing in an emergent health and environment crisis.』

BRIEF

  1. 本論文は「健康と環境の切迫した危機時における早期調査と公表の重要性」に関する論文です。
  2. 「2011年の福島第一原子力発電所事故のような長期的環境災害に起因するダメージを最小化するために、事故の結果と原因について慎重で時間を要する調査と検討よりも科学者による調査データの早期公開と政府機関による迅速な意思決定が求められる」、
  3. 「ベイズ推定と統計的モデルは科学者を補助し、災害初期ステージで利用可能な環境データに基づく政府機関の意思決定を促進する」、
  4. 「綿密な実験計画と複雑なデータセットを必要とする統計的方法による伝統的な調査手法は煩雑に過ぎ、環境災害の初期ステージで決定的となる重要な行動に遅れを生じさせることが福島第一原子力発電所事故や同様の事故から確認されている」等を報告されています。

AUTHOR(S)

Murase K.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27640415