2016年9月22日木曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #輸血

THESIS TITLE

『Transfusion under triple threat: Lessons from Japan’s 2011 earthquake, tsunami, and nuclear crisis.』

BRIEF

  1. 本論文は「2011年の地震、津波、原子力事故の三重災害下における輸血」に関する論文です。
  2. 著者らは、
    1.「2011年3月11日の東日本大震災で発生した津波は内陸5キロメートル、高さ40メートルにまで達した」、
    1. 「主として本州の東北沿岸に沿って400キロ平方メートル以上が浸水した」、
    2. 「この自然災害でおよそ2万人の命が失われた」、
    3. 「4つの沿岸の原子力発電所は自動的に停止し、そのうちの1つ福島第一原子力発電所では冷却システムの故障により3つの原子炉がメルトダウンを起こし爆発により放射性同位体が放出された」、
    4. 「道路、輸送設備、採血会場、血液検査施設等の血液銀行と輸血の中枢部を失った」、
    5. 「コミュニケーションの通常チャンネルは物理的損傷のみならず情報を求め自身を含めた状況や居所のメッセージ交換を試みる携帯電話利用者による過負荷により妨げられた」、
    6. 「同種血輸血を唯一扱っている日本赤十字社が必要な輸血を確保するための国家的な調整に対応した」、
    7. 「病院を基盤とする自己血輸血プログラムにより日本の定期的な輸血要請も満たされている」等を報告されて、
  3. 「定期的な要請とは異なるであろう輸血が求められる今後の災害時のために組織および個人の経験を報告する」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Nollet KE, Komazawa T, Ohto H.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27646984