2016年9月22日木曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #チェルノブイリ

THESIS TITLE

『The need to integrate laboratory- and ecosystem-level research for assessment of the ecological impact of radiation.』

BRIEF

  1. 本論文は「放射線の生態系への影響評価のための研究室レベルと生態系レベルの調査統合の必要性」に関する論文です。
  2. 著者は「チェルノブイリ原子力事故や福島第一原子力発電所事故がともに放射線の環境への影響に関する研究を促進した事実にもかかわらず、汚染地域の環境学的影響の発生に関する解釈は未だ収束していない」と背景を説明されて、
  3. 「状況改善と放射線の環境学的影響に関する科学的理解進展ために、論争と相違を説明できる理由」について調査されています。
    1.その結果「両原子力事故の影響の解釈の差は環境的損失をコントロールするプロセスの基礎的な差よりも方法論と概念的推論(文化的なテーマ)から生じている」と報告されて、
  4. 「様々な研究アプローチを取る科学コミュニティの統合促進は、放射線の環境学的影響のより良い理解と観察のために振興されるべきである」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Bréchignac F.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27640414