2016年9月19日月曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #コミュニケーション

THESIS TITLE

『Measurement and communication: what worked and what did not in Fukushima.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島における測定とコミュニケーション」に関する論文です。
  2. 著者は「福島第一原子力発電所事故により福島県の人口密集地域の土壌が放射性セシウムで汚染され、住民は内部および外部被曝リスクに曝された」と背景を説明されて、
  3. 「しかしながら大規模ホールボディカウンター調査の結果、住民の内部被曝レベルは無視できるものである」、「加えて個人線量計のデータによると外部被曝レベルは減衰しており、殆どの人々の推定年間外部線量は福島の殆どの地域で1ミリシーベルト未満である」、「それら安心感を与えるデータにも関わらず、福島には多くの問題が残っており、多くは放射線学的問題というよりも心理学的問題である」等を報告されて、
  4. 「5年の経験に基づいた事故後のフェーズにおける測定とコミュニケーションの役割」について論じています。

AUTHOR(S)

Hayano R.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27630158