2016年9月28日水曜日

学術論文の紹介 #チェルノブイリ原子力発電所 #抑鬱障害 #アルコール依存症 #希死念慮

THESIS TITLE

『Mental Disorders Among Chernobyl Cleanup Workers From Estonia: A Clinical Assessment.』

BRIEF

  1. 本論文は「エストニア出身のチェルノブイリ原子力発電所除染作業員の精神疾患」に関する論文です。
  2. 著者らは「エストニア出身元チェルノブイリ原子力発電所除染作業員のメンタルヘルスを同年齢の対照群と比較することにより臨床レベルで評価」されています。
  3. 「2011年から2012年にかけて精神疾患簡易構造化面接法(MINI)により99人の除染作業員と精神疾患症状で事前にスクリーニングした100人の集団ベースの対照群を評価」されて、
  4. その結果、
    1. 「ロジスティック回帰分析の結果、除染作業員は抑鬱障害(オッズ比は3.07、95%信頼区間は1.34-7.01)、アルコール依存症(オッズ比は3.47、95%信頼区間は1.29- 9.34)そして希死念慮(オッズ比は3.44、95%信頼区間は1.28-9.21)のオッズが対照群よりも高かった」、
    2. 「教育と民族性で調整後は希死念慮を除いてチェルノブイリ原子力発電所への曝露との関連は統計的に有意でなかった」等を報告されて、
  5. 「チェルノブイリ原子力発電所事故から25年が経過してもエストニアの除染作業員は未だ-ある程度社会人口学的要因が寄与する-精神疾患リスクが高い」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Laidra K, Rahu K, Kalaus KE, Tekkel M, Leinsalu M.

THESIS URL

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27669164