2016年9月27日火曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #外部被曝 #内部被曝

THESIS TITLE

『Reconstruction of Internal and External Exposures of Fukushima Residents.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島住民の内部及び外部被曝の再構築」に関する論文です。
  2. 著者は「福島第一原子力発電所事故後、福島住民の内部および外部被曝は極めて重要な課題そして懸念となった」と背景を説明されて、
  3. 「福島県と福島県立医科大学は福島県民健康管理調査によりNIRS外部線量推定システムを利用して住民の外部被曝を推定」、
  4. 「住民の66.3%は線量1ミリシーベルト未満、94.8%が2ミリシーベルト未満」、
  5. 「福島住民の内部被曝推定のため、甲状腺検査、ホールボディカウンター測定そしてシミュレーションを実施」、
  6. 「これら3つの推定アプローチの結果、1才児と成人の甲状腺等価線量の90パーセンタイルはそれぞれ10-30 ミリシーベルトと10-20ミリシーベルト以下」等を報告されています。

AUTHOR(S)

Akahane K.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27664996