2016年9月21日水曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #アカマツ

THESIS TITLE

『Morphological abnormalities in Japanese red pine (Pinus densiflora) at the territories contaminated as a result of the accident at Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島第一原子力発電所事故に起因する汚染地域のアカマツの形態学的異常」に関する論文です。
  2. 著者らは、
    1. 「2014年から2016年にかけた福島県の8つの放射能汚染サイトの調査の結果、アカマツ幼木の放射線感受性が確認された」、
    2. 「照射はこの樹木種の頂芽優勢抑制を誘発する」、
    3. 「この効果はチェルノブイリ地域で生育するヨーロッパアカマツの幼木でも確認されている」、
    4. 「同時にアカマツの成木では何らの形態学的異常は確認されなかった」、
    5. 「2つ低照射群ではアカマツの頂芽優勢抑制確率は0.11と0.14に上昇し、吸収線量がおよそ1時間あたり14マイクログレイと25マイクログレイのサイトではそれぞれ0.5と0.9に上昇した」、
    6. 「確認された多くの異常は被爆初期後の第二輪生に出現した」、
    7. 「第五輪性には新たな異常は確認されなかった」、
    8. 「この経時的パターンはチェルノブイリのヨーロッパアカマツや福島のモミで報告されたものと同様である」等を報告されて、
  3. 「観察された経時的パターンの解釈そして形態学的異常形成のメカニズムの説明のためには更なる詳細な研究が必要である」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Yoschenko V, Nanba K, Yoshida S, Watanabe Y, Takase T, Sato N, Keitoku K.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27637076