2016年9月6日火曜日

人口動態調査 人口動態統計 死因簡単分類別 2016年4月

人口動態調査 人口動態統計 死因簡単分類別 2016年4月

統計データ概要

  1. 2016年4月の日本の死亡数(実数)は10万4964人。
  2. 構成比トップは新生物の29.6%、次いで循環器系の疾患の25.94%、呼吸器系の疾患の15.97%。前記3つの死因の合計で72%。
  3. 新生物の構成は悪性新生物が28.72%、その他の新生物が0.88%。
  4. 悪性新生物の構成は総数に対する構成比が高い順に「気管,気管支及び肺の悪性新生物」(5.82%)、「胃の悪性新生物」(3.55%)、「結腸の悪性新生物」(2.60%)。
  5. 循環器系の疾患の構成は総数に対する構成比が高い順に「心疾患(高血圧性を除く)」(15.02%)、「脳血管疾患」(8.45%)、「大動脈瘤及び解離」(1.36%)。
  6. 呼吸器系の疾患の構成は総数に対する構成比が高い順に「肺炎」(9.14%)、「その他の呼吸器系の疾患」(5.32%)、「慢性閉塞性肺疾患」(1.22%)。

データテーブル・チャート

Link - データテーブル・チャート