2016年8月5日金曜日

学術論文の紹介 #自然災害 #PTSD

THESIS TITLE

『Clinical correlates of plasma brain-derived neurotrophic factor in post-traumatic stress disorder spectrum after a natural disaster.』

BRIEF

  1. 本論文は「自然災害後の心的外傷後ストレス障害スペクトラムにおける血漿脳由来神経栄養因子の臨床相関」に関する論文です。
  2. 著者らは
    「2009年ラクイラ地震に被災した心的外傷後ストレス障害の臨床群と健常対照群の血漿BDNFの臨床相関」を調査されています。
  3. 「26人の外来患者と14人のコントロール群」、「心的外傷後ストレス障害向けの精神科診断面接SCIDとトラウマと喪失スペクトラム報告書(TALS-SR)により評価」されたその結果、
  4. 「13人の患者がFull PTSDと診断され、13人がPartial PTSDと診断された」、「Full-blown PTSDの被験者はPartial PTSDおよび対照群の被験者よりも低い脳由来神経栄養因子を示した」、「脳由来神経栄養因子と心的外傷後ストレス障害との異なる関係のパターンが3例確認された」等を報告されて、
  5. 「ストレス応答において脳由来神経栄養因子レベルをコントロールするメカニズムに関する洞察と、PTSDをFullとPartialカテゴリーと分ける有用性のさらなる根拠を、得られた知見は示唆している」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Stratta P, Sanità P, Bonanni RL, de Cataldo S, Angelucci A, Rossi R, Origlia N, Domenici L, Carmassi C, Piccinni A, Dell’Osso L, Rossi A.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27479108