2016年8月29日月曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #ヒドロキシアパタイト #ゼオライト

THESIS TITLE

『Evaluation of the adsorptive behavior of cesium and strontium on hydroxyapatite and zeolite for decontamination of radioactive substances.』

BRIEF

  1. 本論文は「放射性物質除染のためのヒドロキシアパタイトとゼオライトのセシウムおよびストロンチウム吸着挙動」に関する論文です。
  2. 著者らは「セシウムやストロンチウム等の放射性物質の除去は福島第一原子力発電所事故後の緊急課題である]と背景を説明されて、
  3. 「ヒドロキシアパタイトとゼオライトを放射性物質除去剤としての利用可能性を評価するため、セシウムとストロンチウムの吸着能力を調査」されています。
  4. 「鉄イオンはゼオライトのセシウム吸着阻害物質として最も効果的であるため、ヒドロキシアパタイトとゼオライトのセシウムおよびストロンチウム吸着に対する鉄イオンの影響も調査」し、
  5. その結果
    1. 「ヒドロキシアパタイトとゼオライトのセシウム吸着プロセスにおいてゼオライトはヒドロキシアパタイトよりも高い吸着率を示し、算出されたゼオライトの最大吸着能は196mg/gであり、一方ヒドロキシアパタイトはゼオライトよりも高いストロンチウム吸着率を示した」
    2. 「ヒドロキシアパタイトのストロンチウム最大吸着能は123mg/g」、
    3. 「鉄との共存下ではゼオライトのセシウム吸着能は鉄濃度の上昇とともに低減し、鉄0.1体積モル濃度(モーラー)で2.0±0.8%に達した」、
    4. 「対照的にゼオライトのセシウム吸着能はヒドロキシアパタイトの添加により向上した」、
    5. 「ヒドロキシアパタイトとの共存下では、ヒドロキシアパタイトとゼオライト混合のセシウム吸着能は鉄濃度0.1モーラーで52.4%±3.6%であるが、ヒドロキシアパタイト単体でのセシウム吸着能は相当低い」、
    6. 「ヒドロキシアパタイトとゼオライトの鉄吸着プロセスにおいて、ヒドロキシアパタイトの最大吸着能は256mg/gを示し、ゼオライトの吸着能(111mg/g)を大きく上回った」等を報告されて、
  6. 「ヒドロキシアパタイトと鉄との高い親和性は、鉄イオンの存在により低下したゼオライトのセシウム吸着能向上に寄与する」と結ばれています。

AUTHOR(S)

Ozeki K, Aoki H.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27567777