2016年8月4日木曜日

都道府県別 有効求人倍率 2016年6月分 パート含む 季節調整値

都道府県別 有効求人倍率 2016年6月分 パート含む 季節調整値

統計データ概要

  1. 2016年6月、沖縄県の有効求人倍率が1963年1月以降初めて1.00以上となる。
  2. 1963年1月以降、都道府県全ての有効求人倍率が1.00以上を記録したのは2016年6月が初めて。
  3. 全国の最高有効求人倍率は1973年11月の1.93。
  4. 全国の最低有効求人倍率はリーマン・ショックからおよそ1年後、2009年08月の0.42。
  5. 2016年6月の都道府県・地域別有効求人倍率順位は次の通り
No. 都道府県 有効求人倍率
1 東京都 2.05
2 福井県 1.86
3 岐阜県 1.73
4 広島県 1.69
5 富山県 1.67
6 石川県 1.67
7 香川県 1.63
8 愛知県 1.61
9 岡山県 1.61
10 中国 1.56
11 北陸 1.54
12 東海 1.53
13 島根県 1.49
14 南関東 1.49
15 宮城県 1.48
16 群馬県 1.45
17 福島県 1.43
18 愛媛県 1.43
19 長野県 1.42
20 三重県 1.42
21 四国 1.41
22 大阪府 1.39
23 山口県 1.38
24 全国 1.37
25 徳島県 1.37
26 鳥取県 1.36
27 静岡県 1.34
28 新潟県 1.33
29 京都府 1.33
30 福岡県 1.33
31 岩手県 1.32
32 東北 1.32
33 北関東・甲信 1.32
34 熊本県 1.3
35 山形県 1.29
36 茨城県 1.28
37 近畿 1.28
38 宮崎県 1.26
39 山梨県 1.22
40 九州 1.21
41 和歌山県 1.2
42 秋田県 1.18
43 滋賀県 1.18
44 栃木県 1.17
45 千葉県 1.16
46 高知県 1.16
47 長崎県 1.16
48 兵庫県 1.15
49 大分県 1.15
50 奈良県 1.13
51 佐賀県 1.13
52 神奈川県 1.08
53 青森県 1.07
54 北海道 1.06
55 北海道 1.06
56 鹿児島県 1.04
57 埼玉県 1.03
58 沖縄県 1.01

データテーブル・チャート

都道府県別 有効求人倍率 2016年6月分 パート含む 季節調整値