2016年8月3日水曜日

基調的なインフレ率を捕捉するための指標 2016年6月分

基調的なインフレ率を捕捉するための指標 2016年6月分

統計データ概要

  1. 2016年6月の生鮮食品とエネルギーを除く消費者物価指数前年比は0.8パーセントとなり、前月差は0パーセントポイント。
  2. 黒田日銀総裁就任から7ヶ月後の2013年10月以降、生鮮食品とエネルギーを除く消費者物価指数は33ヶ月連続でプラス値。
  3. 2010年基準前年比の最初の月となる2011年1月から白川前日銀総裁退任の2013年3月までの生鮮食品とエネルギーを除く消費者物価指数は常にマイナス値。
  4. 2015年12月のプラス1.3パーセントをピークとして直近2016年6月まで下落トレンドにあり。

データテーブル・チャート

基調的なインフレ率を捕捉するための指標 2016年6月分