2016年7月28日木曜日

学術論文の紹介 #福島第一原子力発電所 #イノシシ #セシウム

THESIS TITLE

『Radiocaesium contamination of wild boars in Fukushima and surrounding regions after the Fukushima nuclear accident.』

BRIEF

  1. 本論文は「福島第一原子力発電所事故後の福島県とその周辺地域のイノシシの放射性セシウム汚染」に関する論文です。
  2. 著者らは「福島およびその周辺県におけるイノシシ肉のセシウム134+セシウム137濃度は2011年から2015年にかけて上昇したまま一定又は緩慢に減衰している事を、日本の食品モニタリング活動下で収集された放射能濃度の分析結果は示唆している」と背景を説明されて、
  3. 「いくつかのサンプル中の放射能濃度は2015年になっても未だ規制値である生体重1キログラムあたり100ベクレルを超えている」、「2011年に捕らえたイノシシの筋肉中のセシウム137濃度は、腎臓、肝臓、脾臓、心臓および肺よりも高かった」、「茹でたイノシシ肉のセシウム137残存割合Frが0.5または0.6であることは、イノシシ肉からの放射性セシウム摂取を減じるために湯通しは有効であることを示唆している」等を報告されています。

AUTHOR(S)

Fuma S, Kubota Y, Ihara S, Takahashi H, Watanabe Y, Aono T, Soeda H, Yoshida S.

THESIS URL

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27423074